■ 苫米地英人DVD第25弾「侍乃心斗身体 〜 承伝当流宗脈相承マインドインストール乃事始」のお知らせ


内部表現書き換えの未開拓領域

第25弾の紹介ページにお越しいただきありがとうございます。

このページを読んでいる方は、苫米地博士のことをよくご存じだと思います。そして苫米地博士のことを知っている方であれば、「内部表現書き換え」という単語はこれまでに幾度となく聞いたことがあるでしょう。

しかし、内部表現書き換えが一体何なのか、言葉で説明しようとするとなかなか難しいかもしれません。非常に大雑把な説明にはなってしまいますが、、、

内部表現とはInternal Representationの訳です。学術用語ですので明確な定義もありますが、ここでは「人間の心」のことだと捉えてください。この意味で、内部表現書き換えとは「人を心変わりさせること」と言えます。

苫米地博士は、セミナーなど各種の教室でヒプノシス、コーチング、ヒーリングといった技術の実技指導を行うことがあります。一見、全く異なる技術のように思えますが、これらは全て人を心変わりさせるための技術体系です。

ヒプノシスで嫌いな食べ物を好物にしたり、
コーチングで後ろ向きな思考をポジティブにしたり、
ヒーリングで鬱っぽい心理を健康にしたり、、、

目的や技術がそれぞれ異なりますので名称は異なりますが、人を心変わりさせるという点では共通していて、つまり、どれもが内部表現書き換えの一手法ということです。

もっと具体的な例では、博士は「一目惚れの技術」をセミナーで教えることがありますが、これは典型的な人を心変わりさせる技術で、内部表現書き換えの超・実践術の一つです。

このように内部表現書き換えとは、人の心理に介入して心を変化させることであり、その手法は目的に応じて多種多様です。それらを苫米地博士は折に触れて教えてきました。知識の一部は書籍などの著作物で、本格的な技術になるとセミナーで直接指導してきました。ここを読んでいる方の中にも、本やセミナーをとおして博士から内部表現書き換えを学んでいる方はお見えでしょう。

博士は十年以上にわたり数々の手法を皆さまに伝えてきていますが、実は、まだ扱っていない内部表現書き換えの分野が一つだけ残っています。何かと申しますと、、、

古武術。

日本の武家が数百年にわたり培ってきた古典的内部表現書き換えです。古武術には内部表現書き換えの実践術が詰まっているのですが、苫米地博士はどうしても教えることができませんでした。


苫米地英人の血脈を継ぐ直弟子になれる

苫米地英人博士は日本古来の武術の血脈を受け継いでいます。日本武家の伝統で、弟子は血脈に限られ、また奥義は一子相伝と厳格に決められています。また、血脈であっても相当の準備なくしては受け継げない技法もあります。

一方、20年以上前から血脈の要請により、苫米地博士は長年に渡ってその技術を体系化して来ました。門外不出のルータイスのパーソナルコーチングを、ルータイス氏本人の指示で体系化しカリキュラム化してきたのと同様です。

日本古来の武術のエッセンスは色々あります。一瞬の内部表現書き換えもその一つです。ただ、古武術の場合は心技体が一体化しており、精神空間技術であっても、どれか一つを分けて教えることは出来ません。ですから、身技法を切り離した伝授が出来ません。

また、身技法の伝授は、血門外不出の禁を破ることになり、禁を破った術は偽物になってしまうのが、心技体の三相一体に秘められた法です。こうして日本古来の身技法は長年守られて来ました。

ただ、90年代から20数年間続けられているワークスクラスの中では、一部の門徒に対して細々ではありますが、日本古武術の指導がされて来ました。これは、血脈直伝が法脈直伝を包摂する伝統から、優れた資質を認められれば、誰でも血脈候補となることが出来る、血脈の断絶を避けるための日本古来のシステムのお陰です。

還暦を一昨年迎えた苫米地博士は、一子相伝の血脈候補を古希までに選出する伝統もあり、既に範士級の兵者も育成しています。もちろん、現在も日本の侍に相応しい人物は血脈候補に迎える前提で厳しい守秘義務の中、育成指導を少人数に対して継続しています。

また、昨年来からのコロナ情勢に合わせて、2020年秋にあった特殊な事情により、動画視聴の形で苫米地博士の継ぐ血脈候補に加わることが出来るようになりました。これが第25弾です。DVDの視聴体験そのものが、血脈候補となる法相伝儀式と言えます。そのような働きかけが込められたDVDとなります。もちろん、厳しい守秘義務が課せられます。


ワークスクラス、特別参加

第25弾で苫米地博士の血脈候補とされますが、同時にもう一つ皆さんが入門許可されるものがあります。名前だけは聞いたことがあるかもしれませんが それは、「ワークスクラス」です。

この教室は、極めて特殊な内部表現書き換えの技術を伝授する道場として苫米地博士が20年以上に渡って主に医療関係者を対象に秘密裏に開催してきました。技術をどうしても必要とする人たちだけにこっそりと博士が教える教室ですので、公開募集は行ってきていません。噂を聞いた一般の方からお問い合わせをいただくこともありましたが、すべてお断りしてきました。

それが、第25弾による血脈相承に合わせて、ワークスクラスも今回に限り一時解禁されることになります。これは、前代未聞、空前絶後の大事件です。あのワークスクラスにあなたも参加できるのです。第25弾で血脈に通じ、その上でワークスクラスで実技を授かれば、内部表現書き換えを最短最速で修得することができます。

内部表現書き換えは、人の心理に深く介入する技術です。あくまで、生死に関わるような有事の際の防衛技術であり、また、自分以外の人の利益のために用いる技術です。とは言うものの、苫米地博士は、仕事や恋愛などでの対人関係を有利にするために用いることは、自己責任として禁止はしていません。

ぜひ第25弾のお申し込みに合わせて、ワークスクラスに入門してください。

また、来年度からワークスクラスに参加する全ての人に第25弾の視聴が義務となります。


先行予約特典(※先着順)

第25弾では、先行予約期間中にお申し込みの方は、2つの特別特典を手に入れることができます。


《特典1》第25弾制作素材「機能音源データ」

苫米地博士は長年の脳研究の成果として特殊機能を有した機能音源を開発しています。第25弾では、専用に制作した機能音源を本編BGMに組み込んでいます。

先行予約をされた方には、この機能音源を組み込んだBGMをデータでプレゼントします。勉強、仕事、家事など日常生活の中で、環境音楽としてお聴きいただけます。

人によってはノイズを感じることがありますが、技術上の仕様ですので安心してお聴きください。


《特典2》機能音源ライブ

苫米地博士は月に1回程度、機能音源ライブを開催しており、そこでは大周天を体験できます。

大周天とは、人間の感覚器官を利用し、情報的エネルギーを取り入れる瞑想法です。脳科学の視点では、大量のドーパミンを前頭前野に流す行為です。

この特別な機能音源ライブに無料でご招待します。遠方にお住いの方も、ぜひ足をお運びください。


詳細情報

第25弾タイトル

侍乃心斗身体
〜承伝当流宗脈相承マインドインストール乃事始

※本編映像に加え、機能音源ライブ映像を特別にお届けします。

ワークスクラス

■概 要

土日を中心に1~2ヶ月に1日程度の頻度で開催している教室。
苫米地博士が直接指導しており、古武術などをとおして、非言語での対人能力を高めていきます。完全非公開の教室のため通常は募集を行っていませんが、第25弾の内容は本教室と密接に関係しているため、先行予約申込者に限り、特別枠が設けられます。

注)ワークスクラスでは、人の心理に強い影響を与える技術を学びます。修得には精神的な成熟が必要なため、外形的基準として未成年者の参加はできません。

■会 場

当面は山梨県(富士五湖周辺)、状況により東京都。
現地集合、現地解散。交通費、宿泊費は各自負担(山梨県開催では、一部の交通費と宿泊費が無料になる抽選を行うことあり)。

■参加期限

2021年12月まで。期限の時点で未消化の日数があるときも、そのまま失効します。

金額(税込み)

・第25弾のみ:通常価格137,445円先行予約割引価格108,000円

・第25弾+ワークスクラス1日:180,000円

・第25弾+ワークスクラス3日:490,000円

※第25弾のメディアはDVDまたはBlu-rayを選択できます。
※上記価格にはDVD/Blu-rayの日本国内の送料を含みます。日本国外への送料は、お客様のご負担となります。
※先行予約期間終了後は、第25弾のみの販売となります。(ワークスクラスをセットにした販売は行われません)

先行予約特典

【特典1】第25弾制作素材「機能音源BGMデータ」

・データ形式:wav
・入手方法は、発送時にご連絡します。

【特典2】機能音源ライブ

2021年6月までに開催される機能音源ライブに1回ご招待します。
主に金曜日の夕方以降に月1回程度の頻度で開催しています。開催されない月もあります。
会場は山梨県または東京都内。会場の定員などによりご参加できない場合がございますので、予めご了承ください。

先行予約期限

2021年1月19日(火)まで

※お申し込みが初回生産数に達し次第、期日前でも受付を締め切ります。

注意事項

・お申し込みいただくにあたり、守秘義務と転売禁止を含む申込規約への同意が必要です。
・ご購入されたDVDは開封のいかんに関わらずキャンセルできませんので、予めご了承ください。

発送予定

2021年1月下旬

申込方法

以下のフォームよりお申込みください。


申込みフォーム

前のページへ戻る