『無意識の魔術 ハイパー』のご案内
特定商取引に関する法律に基づく表記

先の大戦が終わるまで日本には
催眠術の使用を罰する法律がありました。

――― 警察犯処罰令(明治41年施行)―――

第二条 左の各号の一に該当する者は三十日以下の拘留または二十円以下の科料に処す
、、、
十九 みだりに催眠術を施したる者

敗戦とともに条文は廃止されましたが、
この度のセミナーで催眠洗脳を学べば
その人は銃器を携帯するような存在になります。

受講者は一定の社会責任を負う必要があり、
あなたには次の3点をお願いします。

!)犯罪防止への協力

犯罪目的反社会的な利用を防止するため、参加には身分を明かしていただきます。当日の受付では身分証による本人確認を行い、氏名・住所がお申し込み内容と一致しない場合、ご入場できません。

!)未成年者(20歳未満)は参加できません

催眠洗脳は他者への影響が極めて大きいので、使用には完全なる自己責任を負えなければなりません。法律上、未成年者は全ての責任を負うことができないので、参加をお断りします。

!)習得した力をみだりに使用しないこと

不道徳な技術使用が許されないことは当然ですが、仮に正当な理由があったとしても、無差別使用には慎重になってください。善意の押し付けにならないよう、相手の希望と依頼の確認が原則です。

セミナー概要

●この度のセミナーで、苫米地博士は、催眠洗脳の技術について、非公式な指導を行います。(博士が背負うリスクを最小限にするため、このセミナーの存在は他言無用でお願いします)

最上位の技術を学ぶことになるので、ワークスクラス、コーチング、気功、ヒーリング、メディカルその他のクラスで、博士から網羅的に指導を受けていることが望ましいです。初心者の方でも安心してご参加いただけますが、将来的に各クラスを受講し、基礎アビリティを順次習得していくことをオススメします。

●苫米地式の最高機密をあなたは見ることになるので、機密保持契約と誓約書に署名をしていただきます。

●セミナー受講後の話ですが、疑い、恨み、怒り、憂い、憎み、嫉み、、、これら雑念の一切が無くなり、確信のみで心神が統一された時、あなたは技術を使用するまでもなく、威光を放つだけで人を催眠状態にします。この催眠アビリティがあなたに顕現するのは突然です。予めご承知おきください。

技術詳説

通常の催眠術は、エリクソン派技術で代表されるように強いラポールの形成を前提とします。多くの催眠を利用した心理療法などの応用分野は、このラポール形成を利用しています。

一方、苫米地博士の有名な研究成果として、ラポールの形成はネガティブラポールも同時に生み出すリスクの発見があます。そのため、ネガティブラポールのマネージメント技術の習得が重要であり、このためのクラスも過去に開催されたことがあります。ただ、ネガティブラポールは、いくらマネージしても常に大きなリスクをはらんでいます。

この度のセミナーでは、奥義伝承として、「ラポールを形成せずに短時間で深い変性意識を生成する技術」の特別開示もあります。これはネガティブラポール形成のリスクがなく、コーチングを含む教育の現場や、特殊部隊ヒューミントの活動など敵性関係における変性意識の利用などのあらゆる応用があり、悪用を特に厳しく禁じる技術となります。

セミナー 詳細

日 時

[変性意識状態の体得(川上先生)]

7月15日(日)16:00~

[座学(苫米地博士)]

7月15日(日)夕方~20:30
※翌日の指導を心深く受け入れる意識状態になっていただきます。

[実技指導(川上先生)]

7月16日(月・祝)16:00~

[特別指導(苫米地博士)]

7月16日(月・祝)夕方~20:30

※両日とも、終了時間は進捗状況により1時間程度延長することがございます。
会 場
東京都内
※徹底した機密管理が必要なセミナーのため、会場詳細は参加者のみにご案内しております。
主な対象者
苫米地博士から特別な指導を受け、催眠洗脳の技術を習得したい方。
(例外的な指導であり、通常クラスで教わる技術とは異なります)
コースと料金

【Aコース】

7月15,16日の全てに加えて、別日に苫米地博士による少人数制のグループ特別指導が受けられるコース。(注:グループ特別指導は別途、日時が指定されます。日程が合わないことを理由に、キャンセルやその他手当のご要望を承ることはできません)

価格:1,800,000円(税込み)


【Bコース】

7月15,16日の全てに参加し、苫米地博士から催眠洗脳の技術指導を受けるコース。

価格:1,300,000円(税込み)


【Cコース】

7月15日のみに参加するコース。どうしても日程が合わない場合は、二度と無い機会ですので、1日目だけでもご参加ください。

価格:320,000円円(税込み)
講 師
苫米地英人 博士
川上剛史 先生(一般財団法人 日本催眠術協会 理事)
申込期日
7月12日(木)
※セミナーの性質上、状況により期日前に本ページそのものを閉鎖する可能性があります。
注意事項
遅刻は厳禁です。
・この度の苫米地博士の指導は非公式になりますので、この機会を逃すと次はありません。
・セミナーへの参加と技術使用は自己責任です。使用する際に医療が伴う場合は、その行為は医療国家資格を保持した医療従事者に限られます。


お申込みフォーム


苫米地英人 プロフィール

認知科学者(機能脳科学、計算言語学、認知心理学、分析哲学)。計算機科学者(計算機科学、離散数理、人工知能)。カーネギーメロン大学博士(Ph.D.)、同CyLab兼任フェロー、株式会社ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ株式会社CEO、角川春樹事務所顧問、中国南開大学客座教授、ロシア極東連邦大学客員教授、全日本気功師会副会長、米国公益法人The Better World Foundation日本代表、米国教育機関TPIジャパン日本代表、財団法人日本催眠術協会代表理事。

マサチューセッツ大学を経て上智大学外国語学部英語学科卒業後、三菱地所へ入社。2年間の勤務を経て、フルブライト留学生としてイエール大学大学院に留学、人工知能の父と呼ばれるロジャー・シャンクに学ぶ。

現在は自己啓発の世界的権威ルー・タイス氏の顧問メンバーとして、米国認知科学の研究成果を盛り込んだ能力開発プログラム「PX2」「TPIE」などを日本向けにアレンジ。総責任者として普及に努めている。

また、20世紀最大の心理臨床家で世界的な精神科医でもあり、現代臨床催眠の父でもあるミルトン・エリクソンの方法論についても、ミルトン・エリクソンの長女であり心理臨床家のキャロル・エリクソンから直接指導を受ける。